So-net無料ブログ作成

秋の京都 写真館 [旅]

今年の10月に行った京都の写真を連ねます。

なぜ掲載がこんなに遅くなったかと言うと、
新しいデジカメで撮った写真は、解像度が高い為に容量が重く、
そのままではso-netにアップ出来なかった為ですw

やっと写真を軽くしたので、載せる事が出来ます!!
良い写真をたくさん撮ったんです。
そのほんの一部ですが、紹介します。


青蓮院門跡 秋夜のイルミネーション
CIMG0253-01.jpg
期間限定のイベントで、なんと最終日でした。
名前から、青色の光を使い、
お庭にも電飾されていましたが、
この写真は、お庭奥にある竹やぶを水色で幻想的に照らし、
さらに奥で、空に向かって青のライトを一本照射しているのが、
とても素敵でした〜!


朝食byルームサービス
CIMG0272-01.jpg
朝食はなしでいいや〜、と食事なしのプランでホテルを予約したものの、
初日にあんな素敵なお寺を見てしまうと、
ちゃんとした日本食が食べたくなり、
贅沢にもルームサービスを頼んでしまいました。
美味しかったです!


南禅寺三門の上からの景色(東山)
CIMG0290-01.jpg
紅葉真っ盛りという時期にはまだ早かったのですが、
このくらいの紅葉も、またいとをかしということで、私は好きです。


狩野探幽の龍の引き戸(南禅寺)
CIMG0305-01.jpg
彼の龍はやっぱり引き込まれます。
この龍は、部屋の襖でなく、
こういった外に接した木戸に書かれていました。
お庭の景色とのコラボレーションです。


伏見稲荷
CIMG0331-01.jpg
この写真を撮るのに何枚撮った事か!!
観光客が絶えないので、どうしても鳥居の前には人だかりが映ってしまうのです。
絶好のタイミングで1枚納めることができました!


鳥居
CIMG0322-01.jpg
でもやっぱりこういうとこでは、人が途切れることがなく、
一番人が少ない瞬間の写真がこれでした。


お稲荷さん
CIMG0328-01.jpg
青空の下に佇むお稲荷さん。
素敵♪


ざっと紹介終了!
よし、(自己)満足♪
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ベルギーは確かに美食の国!!!! [旅]

たった今!ホテルの朝食を食べてきました。
これまでのホテルでの朝食は、本当に軽食で、
ご飯なのかお菓子なのか分からないものを頂いていましたが、
ここは!!!!美味いっ!!!!
期待していなかったので、カメラを持って行かなかったのが残念!!!

パン。美味いっ!!
ソーセージ。うんまいっ!!!
ワッフル。うんんんんんんんんんんんんまーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!
本場のワッフルは、Manekenよりも美味かった!
百聞は一見にしかず。
それ以外にも、今まで食べたことのないものまであったのに、
ワッフルが大きすぎて食べれず。無念。

以下、関係者各位さま。
この国では携帯からテキストメッセージが送れません。
受信は出来るようですが、なぜか送信に失敗します。
ご了承願います。

keikonen in Brussels

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨーロッパ周遊中 [旅]

只今ベルギーのブリュッセルにいます。
夜に着いたので、どんな街かはまだ分かりませんが、
おしゃれでご飯がおいしいのは間違いないようです!

9月29日にイギリスを出発し、
これまでバルセロナ→ローマ・バチカン→ミラノ→ヴェネチア→ブリュッセルとやってきました。
たまにスリリングな出来事があったりして、
まったりしがちな長旅にパンチを与えてくれます(エッ?)
写真も撮りまくっているので、
既に600枚を超えています。
その中から少しだけ紹介!

バルセロナ
CIMG3449.JPG
 サグラダ・ファミリア。
この日は風が強くて、上に上れませんでした。

CIMG3463.JPG
サグラダ・ファミリアはただの建物ではありません。
こうやって芸術家も大勢建設に携わっております。

ローマ・バチカン市国
CIMG3649.JPG
フォロ・ロマーノ。
ご覧の通り、遺跡です。
コロッセオの隣にあります。
この中に入ると、今がいつの時代か分からなくなります。
だって、遺跡のかけらがゴロゴロ転がっていて、みんなそこに座って休んでるんだもん。
遺跡というより「そこにあるもの」。
昔あったものが、今もある、それがローマでした。

CIMG3676.JPG
バチカン市国。
こうやって写真の腕も上がっております。

CIMG3740.JPG
パンテオン。
あまりにも大きい建物で、全体を写せませんでした。
この天井から射す光が建物内に差し込んできれいなのです!

ミラノ
CIMG3848.JPG
鶏のもも肉のグリルオニオンソース添え プロバンス風
ミラノでは留学中の知人宅に泊まらせてもらったので、
二日目の夕飯に作ったご飯。
我ながら、美味かった♪

CIMG3898.JPG
・モッツァレラトマト、オリーブオイルと岩塩で 3種のハムと一緒に
・バゲット
・ミルクのスープパスタ
これは三日目に作った夕飯。
友人は帰宅が遅かったので、一人これを食べました。
いやぁ、これはめちゃめちゃおいしかった!!!!!!
特に生ハム!サラミ!!
特売を買ってきたのに、辛すぎず、ちょうど良い熟成度でぺろっと食べちゃいました!!!
イタリアの食べ物、万歳!!

写真 32.jpg
祈りを捧げるkeikonenに取り憑いた、陽気な背後霊。
友人との共同作品です。

ヴェネチア
CIMG3947.JPG
夜のヴェネチア。
ヴァポレットという船のバスに乗って、遊覧しました。
海のはずなのに磯の香りは薄かったです。
12時間乗り放題チケットを買ったので、元を取るため始点から終点まで往復しました笑

CIMG3917.JPG
昼のヴェネチア。
船頭さんの服を見ると、「・・・囚人衣装?」と思ってしまうのは私だけでしょうか?

どうも私はイタリア絵画には興味がないようなので、
アカデミア美術館などには行かず、
グッゲンハイムコレクション美術館に行ってきました。
そこにはカンディンスキーがあるのです!!
2枚しかなかったけど、やっぱカンディンスキーは最高!!
てか、ペギー・グッゲンハイムさんみたいな、美術品に囲まれた生活がしてみたい!
その美術館は、ペギーさんが住んでいたお屋敷だったらしく、
今は街にその屋敷ごと寄付されているのですが、
ほぼ彼女が住んでいた時のまま展示されていて、
それが美術館になるのだから、すごいよね!!

で、明日からベルギーを観光してきます。
どんな街なんだろう??

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

スコットランド旅行記 [旅]

スコットランドへはハウスメイトのベニーとヴィクトリアバスターミナルから夜行バスで向かいました。
夜11時発だったので、夕方にロンドンに行き、
行ったことがなかったコヴェントガーデンを観光しました。
大道芸人があちこちいて、すごい楽しい所でした!!
CIMG2739.JPG
ずっとじっと立ってるの!!
どうやって息してるんだか!

CIMG2740.JPG
この人も、じっと動かない!!
でもカメラ目線!!

CIMG2741.JPG
ワンコもいたぞ!!

CIMG2743.JPG
この人は風船を飲み込んでしまった!!

CIMG2744.JPG
オ ソーレ ミーオを歌ってた!上手かった!!
少しだけカンパしました。

コヴェントガーデンを観光してもまだまだ出発まで時間があったので、
リージェントストリートにあるおもちゃ屋さん、hamleyに。
そしたらさ、見つけちゃったの♪
CIMG2762.JPG
前にも記事に載せましたが、
日本の私の部屋には、こいつが2匹(どちらも別バージョン)います!
こんな愛らしい姿を見つけて買わずにはいられないじゃないですか??
で、スコットランドへ向かうと言うのに、ロンドンでガーフィーをお買い上げ!
エヘ♪

ターミナル前のパブに入って1杯楽しみ、
格安の深夜バス、MegaBusにて出発!
CIMG2761.JPG
MegaBusのキャラクター??

CIMG2772.JPG
車窓からスコットランドの日の出を望む。

バスに長時間というのはやはり快適とは言い難いのですが、
それでも安く行けるのは、私の身分では有難い交通手段です!

エディンバラのバスターミナルを降りて、最初に見た街並み。
CIMG2777.JPG
ほえ~!!
なんか建物に歴史を感じる!!
空はこんなに明るいのに、なぜ建物が薄暗く見えるのだろう??
全てが灰色掛ってるんです!

初日は電車に1時間揺られてAlnwick castleへ。
CIMG2803.JPG

このお城は、なんとハリポタのホグワーツ学校の撮影場所なのです!!
CIMG2807.JPG
これが入口。

CIMG2808.JPG
ハリポタの他に「エリザベス」や「ロビンフッド」などのロケ地でもあります。

CIMG2810.JPG
敷地がすごく広い!!

CIMG2812.JPG
建物もめちゃでかい!!

このお城は昔からノーザンランド公爵のお城で、
今はノーサンランド公爵12世のご家族が住まわれています。
てか、居住地の一つです。
屋内には図書室やリビングなど、どれも古くて歴史ある部屋が見学できるようになっているのですが、
今までに見たお城と明らかに違うのは、
現公爵の息子さんの油絵が歴代のご先祖様の絵と並んで飾ってあったり、
(油がまだ乾ききっていないのに感動した!!)
ご家族や御親戚の写真があちこちあったり、
また、たくさんの種類のお酒が置いてあったりと、
生活感がすごく感じられ、
「本当にこのお城に今でも人が住んでいるんだ・・・。」
と、信じられない気持で現実を目の当たりにしました。。。
そして一番驚いたのは、お庭を見学していた時に、
「車が通ります!気をつけて下さーい!」の声に道を開けると、
なんとその車を運転していたのは、
ついさっきどこかのお部屋で見た写真の人(公爵の二男)でした!
息子さんのご帰宅です。
青のプジョーでご帰宅です。
はぁ、すげぇなぁ。。。
余談ですが、この二男さんはテニスプレイヤーのフェデラーに似ていて、
ちょっとカッコいいのです☆

Alnwick castleを見学後、またエディンバラに戻ってB&Bへ。
CIMG2822.JPG
エディンバラの路地は階段だらけ!!
CIMG2861.JPG
エディンバラの街並み。壮観です!

CIMG2839.JPG
ツインのお部屋。これは私のベッド。
清潔で、トイレ・シャワー付きの快適なお部屋でした!
2泊で50ポンドなり!

二日目はバスツアーでネス湖へ。
CIMG2866.JPG
車窓から見える風景は、一見日本の田舎の様です!
イングランドにはこんな風景は見られません。
なぜなら、山が一つもないから!!

CIMG2902.JPG
山・山・山!!!
ここはNational Trustに指定されています。

CIMG2913.JPG
これが、ネス湖!
実は、ネス湖は・・・

CIMG2920.JPG
海なのです!
潮の匂いがするし、この通りワカメが生えてます!!

CIMG2926.JPG
ネス湖ではこんな船に乗り、ネッシー探し!!

三日目は山登り、ならぬ崖登りをしました!
CIMG2961.JPG
エディンバラの町の裏にデデーンと広がる崖。

CIMG2981.JPG
崖をてくてく登って行くと、エディンバラを一望できる。

CIMG2985.JPG
降りる時に出会ったなめくじ。
スコットランドのナメクジはなぜかかわいい。

CIMG2986.JPG
新しく出来たスコットランドの国会議事堂。
斬新な設計でとても綺麗だった。

エディンバラ城。
CIMG3002.JPG
中は戦争博物館や戦争祈念堂など、戦争に関するものばかり。
ここより私はAlnwick城の方が好き。

最後にスコットランド名物「ハギス」を頂きました。
CIMG3005.JPG
右上:マッシュドポテト 左上:たぶんパースニップスのマッシュ
右下:ウィスキーのソース 左下:羊肉のミンチ
美味しかったけど、この量を平らげるとさすがに脂っこくて
後味が悪かった。
一度食べたら十分でした。

とまぁ、最後はかなり適当な感じになりましたが、
以上がスコットランド旅行でした。
初日は真夏にも関わらずすごく寒くて、
ベニーは古着で毛皮のコートを買うほどの寒さでした。
寒さ以外はとてもいい思い出になりました!!
スコットランド、制覇!

次回、フィレンツェ旅行記。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰ってきたよ! [旅]

無事スコットランドから帰ってきました!
まだ疲れが取れないので、旅行記はまた今度。

CIMG2799.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅行記2 [旅]

只今こちら、-2℃。

クリスマスイブの日。
前日に作っておいたブッシュ・ド・ノエルをハウスメイトと食べ、大荷物を持って空港近辺のホテルに向かった。
なぜなら26日にフランスのモンペリエに旅立つのに、25日と26日の午前は電車が運行していないからだ。
その為に、空港近くのホテルに2泊3日予約した。

クリスマスはホテルのレストランもお休みかもしれないと見越して、
駅に着いてすぐ食料を一食分とお菓子を購入。
足りない分は、ホテルの近辺でゲットしよう!
と、ホテルに向かったら、
ホテルの近辺、何もなし。。。
予想通りクリスマスの日は朝食はやっていないと言われ、
その食料を取っとく為に、その夜はホテルのレストランで夕食を食べて就寝。
CIMG2014.JPG
これはフィッシュパイ。

クリスマス。
10時頃に1食分の半分を食す。
そして、見放題のテレビを見まくった。
ラッキーなことに全ての番組に字幕がついていたので、
ハリーポッター3、トイ・ストーリー、memories of Geisha(これはすごく気に入って、DVDを買ってしまった)、教会での聖歌のライブ演奏など、数え切れないほどの映画や演奏を見た。
おかげでいい英語の勉強になったと思う。

昼の2時ごろ、部屋にずっといるのももったいないと思い、
フロントのお兄さんに「散歩してくる」と声をかけ、てくてく何もない外を出歩いた。
ホテルの外は、草っ原と車道しかなく、
思うがままに歩いて行くと、こんなやつに出くわした。
CIMG2025.JPG
しかも私の後をついてくるので、スタコラサッサと逃げた。

ストーカーを振り切って車道に出て何となく歩くこと20分。
ガソリンスタンドを見つけた。
イギリスのガソリンスタンドには、だいたいコンビニがあって、
そこにもあったので、喜び勇んで飛び込み、2食分をゲット。
これでひもじい思いもせずにクリスマスを過ごしました。

26日朝、タクシーで空港に向かい、
初めてeasyjetに乗った。
格安の飛行機なのだが、面白い!
中は自由席で、好きな所に座れるのだ!!
私は景色の良い窓際の席を取り、飛行機は飛び立った。
しばらくして、飛行機が雲の上に出たので外を見てもつまらなくなり、新聞を読んでいたら、
CAがワゴンを引っ張ってやってきた。
まだまだ英語は不自由で、かなり集中して新聞と格闘していたので、
CAが声をかけてきた時気付かず、隣の人が肩を叩いてくれて振り向くと、
CAがニコニコして飲み物を勧めるので、
「紅茶ありますか?」
と頼んだ。すると、紅茶を差し出しながら、
「はい、どうぞ。2ポンドです。」
・・・えっ?お金取るのーーーーっ?
受け取ったものを返すわけにもいかず、しぶしぶ2ポンド支払った。

Montpellier空港に着いて到着出口を出ると、目の前に見知った顔があった。
お世話になるホテルpirai(大学時代の友人宅)のオーナー(友人)だった。
わざわざ迎えに来てくれたのだ!!
抱き合って再会を喜び合い、バスでホテルに向かった。

友人はフランス語がペラペラになっていて、
(本人にとってはまだまだらしいが、全く喋れない私にはネイティブに見えた)
バスの運ちゃんとも普通に会話し、その内容を後で教えてくれた。
私も頑張らなきゃね。

街の中心部に着き、日もすっかり落ちて、ネオンがピカピカ。
でもさすがフランス、おしゃれです。
クリスマス市場がいっぱい建っていたので、思わずパシャッ!
CIMG2042.JPG
綺麗でしょう?

その日は友人の知り合いの家でパーティーに呼ばれ、
1日遅いクリスマスパーティーをした。
前菜はなんと・・・、
CIMG2049.JPG
フォアグラです。
パンにフォアグラのパテを塗って、岩塩を振りかけてありました。
うーん、美味でございました♪

私と友人の他に7人いて、日本人(私たち)、フランス人、台湾人のみんなで楽しく過ごした。
フランス語で喋っていると、友人が通訳してくれ、
英語が喋れる人とは英語で会話し、
初対面なのに本当に居心地良く気を回してくれて、本当に本当に楽しかった!

フランス式の挨拶は、お互いのほっぺたを左右交互に3回くっつけてキスをするのだが、
やったことがない私は上手く「チュッ」という音が出せない。
最初にトライしたら「チッ」と舌打ちになってしまった。
早々に諦めて、私はほっぺたをくっつけるだけにした。

気づいたら夜中の12時半で、車で送ってもらっていざホテルpiraiへ!
studioタイプの居心地の良いお部屋で、
次の日起きたら10時を回っていました。。。
(つづく)

<おまけ>
さて、私はどこでしょう?
CIMG2068.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅行記1 [旅]

只今こちら、-4℃。

さて、旅行記を綴っていこうと思うのですが、
まず最後から。

地元の駅に着いて、タクシーで家まで帰ることにしました。
家の近辺に着いて料金を聞いたら、なんと8ポンド!
前回乗ったら12ポンド払ったのに!!
ぼったくり?それともこのタクシーが安い?
とにかくラッキーと思って、重たいスーツケースをよいしょよいしょと引きづりながら、
家に向かっていると、
!!
パソコンと携帯を入れたカバンがないっ!!!!!!!
急いで降りた場所まで戻ってしばらく待ってみたが、タクシーが戻ってくる気配なし。
一度スーツケースを家に置いて、また行ってみたが、やはり来ない。
パソコン、失った!!!
最後の最後にやってしまった。

家に帰り、ハウスメイトにネットでタクシー会社の電話番号を調べてもらい、
片っ端から電話しようとした時、
彼女に「ダディーにどうしたら良いか聞いた方が良い」とアドバイスをもらい、
奥様とダディーに相談してみた。
そしたら奥様「自分の携帯に電話してみたら?」
!!そんな手があった!!
そこでダディーが何度も電話をしてくれたが、誰も出ない。
するとダディー「ここら辺は個人タクシーが多いから、駅に行って来る。keikonen一緒においで!」
その判断力と行動の早さと言ったら!!
さすが伊達にケンブリッジ卒ではない!
ダディーはセーターを着ながら車に乗り込み、私も助手席に乗り込んだ。

私はダディーの携帯で自分の電話に電話をし、ダディーは駅に急いで向かってくれた。
私が乗ったタクシー(黒のワゴン)と似たタクシーを探しだし、
ダディーはドライバーに「このレディーがこの車に似たタクシーにさっき乗ってパソコンを忘れてしまったんだ。知らないか?」
と聞いてくれた。
すると「ここら辺は似たようなタクシーがたくさんあるからなぁ。」
それから数分黒のワゴンを見つけてはダディーが尋ねてくれたが見つからず、
タクシーが途絶えたので、駅に入って暖を取ることに。
奥様にダディーが電話をして状況を説明し、
「1時間して見つからなかったら諦めて帰るよ、またね。」と言って電話を切った後、
「温かい飲み物を買ってくるから、keikonenはここにいて」
と飲み物を買いに行った。
私は次のタクシーが来ないかずっと窓から目を皿にして見ていたら、
黒ワゴンのタクシーがやってきたので、聞きに行こうと外に出た。
すると一人の男の人が近づいてきて、
「君だっけ、パソコン忘れたの?」
「はい、そうです。」
「ああ、良かった!さっき知り合いのドライバーに電話したら、忘れ物のパソコンを持ってるって。彼がもうすぐここに来るから、君はここで待っていて!」
「ありがとう!本当にありがとう!!」
そこで待っていたら、ダディーがミルクティーとチョコレートブラウニーを持ってやってきた。
「J(ダディーの名前)!ドライバーがここにパソコン持ってきてくれるって!!」
「あ、そう(日本語で)!Lucky, lucky lady!」
しばらくすると、そのドライバーがパソコンを持って車でやってきた。
私が心からお礼を言ったのは言うまでもないが、
ダディー「本当にありがとう!これ取っといて!(財布からサッと£20札を出して渡す)」
おお!と思ったけれど、「チップってこういう時に使うのね」と勉強になった。
帰路、車の中でダディーに何度もお礼を言い、
旅行の話を少しして、家に着いた。

明日仕事に行ったら、ダディーにチップ代とお礼をせねば、と思ったが、
今回の旅行で買ったお土産のフォアグラは安過ぎて、お礼にもならない。。。
それに、そもそもそれはお土産なのだ。。。
「これ、お土産に買ってきたのですが、昨日の御礼です。」と言って渡す?
ありえないーーっ!!
部屋を見渡したら、
お!
色んな人へ送るつもりで大量に買い込んだ紅茶があった!!
なので、明日は紅茶缶を持って、ダディーと奥さまに心からお礼を言いに行きます!

ここで一句。
「遠足は、家に着くまで 気を抜くな」


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

帰宅 [旅]

大阪から帰ってきました!!

今回はとてもステキなホテルでした♪

ビジネスホテルで安いのに、すごい満足感です!

こんなお部屋でした!!

 

お風呂も広くて足伸ばして寝れるし、朝食は無料でパン食べれるし。

ホテル名はしばらく内緒。

予約いっぱいで泊まれなくなったら困るので♪

 

前の記事に書いた「見栄を張ってちょっとしか取れなかった」朝食の手をつける前の写真です。

 

そして、次の日のリベンジ。

 

はははw

あまり変わらないや!!

でも、ほんとにパンが美味しかった!!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鎌倉に行ってきました [旅]

友達が「鎌倉に行こう!」と誘ってくれたのをきっかけに、
別の友達と行ってきました(笑)
別に誘ってくれた友人を嫌ってる訳でなく、成り行きでそうなったのです。
鎌倉に住んでる友達に出てきてもらって、
小町通りを歩いたり、
大仏を拝んだり、
江ノ電に乗ったりしました。

鎌倉は外国人の観光客が多いですね!
いろいろ観察しました。
大仏前で写真を撮ってる外人さんの笑顔は、思いっ切り作り笑顔でした( ̄ー ̄)
もっと自然に笑えよ、と突っ込みたくなるような…。

長谷寺と大仏の別れ道の所に「かぼちゃのきんつば」を売っていたので、
思わず買って食べました。
私が知ってるきんつばとは全く違って、
なぜかふわふわしていておいしかったです!!
鎌倉に行ったらぜひo(^o^)o

写真は大仏と、その庭にいたタイワンリス。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。